創業者メッセージ

世界のあらゆる場所で、誰もが自由に研究・学習に集中できる社会

柏野 尊徳 Takanori Kashino

1998年、中学1年生の時。「誰もが自由に学べる学校を世界中につくりたい」と思いました。大人になった今、当時の様子を振り返ってみると、そこには大きく3つの理由があると考えるようになりました。

1. 自由な環境

1つは、自由な環境です。そこには、子供の頃から私の考えや気持ちを大事にしてくれていた両親の存在がありました。今でも周囲からは「変わり者」「考えていることがわからない」と思われることが多い私ですが、両親は小さい頃から私の個性を尊重し、1人の人間として扱ってくれました。

当時はそんな自覚は一切ありませんでしたが、今振り返ってみると、両親のおかげで、「社会の常識」という枠にはめられて苦しんだり、周囲に同調する圧力によってストレスを感じることがなかったように思います。

自分がやりたいと思ったことは、周りから止められることなく自由に追求できる環境がありました。

2. 学ぶことの楽しさ

2つ目は、そのような自由な環境の中で「学ぶことは楽しい」と感じていたことです。子供のころ、全校生徒が1,000人を超える倉敷市(岡山県)の小学校に通っており、小学2年時に「全校生徒中、1年間で最も図書館の本を読んだ生徒」として表彰されました。

もちろん、当時は7歳か8歳ぐらいのため、読んでいたのは絵本や簡単な小説がメインでした。ただ、その中には世界に良い影響を与えた偉人を紹介する伝記漫画もありました。例えば、相対性理論を生み出したアインシュタインやノーベル賞を創設したノーベル、倹約に努めて地域の発展に貢献した二宮金次郎や文明開化のために生涯を捧げた福沢諭吉などです。

偉人のストーリーに触れることで、当時から「自分も何か社会に対して良いことをしよう」と感じていたように思います。上記は一例ですが、読書以外にも、自分の経験や周囲の人から直接学ぶことは私の生きがいです。

3. フィランソロピスト(篤志家)の存在

最後の理由は、フィランソロピスト(篤志家)の存在です。中学1年生の時に「経済的に成功した人が、恵まれない国で住む人達のために、寄付をして学校がつくられた」というエピソードを知ったことです。いわゆるフィランソロピスト(篤志家)と呼ばれる、アンドリュー・カーネギーやビル・ゲイツのような人がいることを初めて知りました。

直感的に「学びたいのに学べない環境にいる人もいる」「それはとても不自由だけど、意志のある行動でその環境は変えられる」「自分もそういった活動を『学び』の領域で実践したい」と感じました。

とはいえ「世の中の仕組み」「その中で、自分は何をすればいいのか」といったことは、まったくわかりませんでした。思いつけば深く考えずに行動する性格です。高校を卒業して大学へは行かず起業したけど、やっぱり大学へ行こうと思い25歳で受験。もしくは、これまで4回起業したけれど、うまくいかずに自己破産1回など、自由気ままで好き勝手な人生を送ってきました。

それでも、常に適切なタイミングで適切な人や書籍からヒントをもらい、やりたいことをやれています。私のような経験を運がよくて恵まれていたからできる状態ではなく、誰もが望めばいつでも可能となる状態が望ましいと考えています。

僕がみなさんとつくりたいのは「世界のあらゆる場所で、誰もが自由に研究・学習に集中できる社会」です。 100年かかるか1,000年かかるかわかりませんが、志のある人と一緒に、この夢を実現させたい願っています。

一般社団法人Eirene University
創業者/代表理事 柏野尊徳