チームビルディング思考法リーダーシップイノベーションマネジメント

【後編】ストレングス・ファインダー®を活用するには

マネジャー・リーダー向けのストレングスコーチングセッション・モニター募集(5名限定)

2024.06.27

アバター

植野紗紀|Saki Ueno

アイリーニ・マネジメント・スクール

【後編】ストレングス・ファインダー®を活用するには

このページではストレングス・ファインダー®の活用方法についてお伝えします。
ストレングス・ファインダー®とは何かが知りたい方は、前編のこちらをご覧ください。


目次
01|ストレングス・ファインダー®の活用ステップ
02|ストレングスコーチとは
03|こんな方におすすめ
04|ストレングスコーチングモニターセッション受講希望者の募集
05|コーチ紹介
06|応募方法

01|ストレングス・ファインダー®の活用ステップ

1.レポート結果を読み込み、資質を理解する

ストレングス・ファインダー®の診断を受けたら、まずレポート結果の詳細を確認しましょう。フルレポートには34の資質の順位とそれぞれの資質の説明が含まれています。これを読むことで、自分の強みが何かを明確に理解できます。さらに、日常生活や仕事でこれらの資質がどのように現れるかについての具体例も記載されているので、自分の行動や思考パターンとの関連性を見つける手助けになります。この段階では、資質についての理解を深めることが重要です。

2.具体的な経験と照らし合わせて才能を理解する

次に、過去の具体的な経験と照らし合わせてレポートで明らかになった資質を確認しましょう。例えば、成功体験や満足感を得た瞬間を振り返り、それがどの資質によってもたらされたのかを分析します。これにより、日常生活や職場で自分の才能がどのように発揮されているのかを具体的に理解できます。また、このプロセスを通じて、資質がどのような状況で最も効果的に発揮されるのか、逆にどのような場面ではうまく活用できていないのかを把握することができます。

3.継続的な実践とフィードバックを通じて才能を強みに変える

最後に、才能を強みに変えるために継続的な実践とフィードバックを重視しましょう。強みとは、特定の分野で一貫して高いパフォーマンスを発揮できる資質のことです。才能を強みに変えるためには、その資質を日常的に意識し、具体的な目標に向けて活用することが重要です。また、上司や同僚、友人からのフィードバックを積極的に取り入れ、資質の活用方法を改善し続けることも効果的です。さらに、スキル開発や訓練を重ねることで、その資質がより活かせるようになります。

これらのステップを通じて、ストレングス・ファインダー®を最大限に活用し、自分の才能を強みに導いていきましょう。才能は強みに成長し、あなたの成功と充実感を支える大きな力となるでしょう。

02|ストレングスコーチとは

ストレングスコーチは、ギャラップ社が認定する資格で、ストレングス・ファインダー®を使った人材開発の専門家です。この資格を得るには、認定コースを受講し、実践練習を経て、最終テストに合格する必要があります。合格した者だけが「認定ストレングスコーチ」として活動することができます。

1.ストレングスコーチの役割

ストレングスコーチは、あなたの持つ独自の才能を最大限に引き出す専門家です。彼らはストレングス・ファインダー®の診断結果をもとに、あなたの強みを深く理解し、効果的に活用する方法をサポートします。ストレングス・ファインダー®の知識も豊富で、レポートを読むだけではわからない「資質の組み合わせ」についてもアドバイスを提供します。自分では当たり前だと思っている行動も、コーチの視点から見ると、隠れた才能として認識することができます。

2.ストレングスコーチングの内容

ストレングスコーチングのセッションでは、コーチがあなたの34の資質を詳細に分析し、それぞれがどのように日常生活や職場で現れているかを掘り下げます。過去の経験や成功体験を通じて、資質がどのように発揮されているかを一緒に探ります。さらに、目の前の課題や目標に対して、強みを効果的に活用するための具体的な戦略やアクションプランを立てる手助けも行います。
定期的なストレングスコーチングを受けることにより、日常において常に才能を活かした行動が取れるように変化し、パフォーマンス向上に役立ちます。

3.ストレングスコーチの価値

ストレングスコーチは、単なるアドバイザーではなく、あなたの才能を見つけ出し、それを活かして具体的な成果を出すためのパートナーです。コーチのサポートを受けることで、自己理解が深まり、自信を持って行動できるようになります。

ストレングスコーチは、あなたの成功をサポートする伴走者として、才能を強みに変える手助けをします。

03|こんな方におすすめ

ストレングス・ファインダー®の診断はしてみたけれど、うまく活かせていない方は多いと思います。

・診断結果は見たが、具体的にどう生かしていいかわからない
・自分の資質をどう強みとして活かしていいかわからない
・活かし方は何となくわかったけれど、なかなか具体的な行動に移せない
・仕事でうまく自分の力が発揮できていない感覚があり、もっと成果を出していきたい

このような方は、ぜひ認定ストレングスコーチのコーチングセッションを受けてみることをお勧めします、。

04|ストレングスコーチング・セッションモニター募集

アイリーニ・マネジメント・スクールでは、新規事業の支援をする過程で、チーム作りやマネジメント、部下育成に関するお悩みをいただくことが多くあります。
私たちは、さまざまな企業の新規事業支援やデザイン思考教育を行う中で、組織作りやチームビルディング、部下育成などの悩みも多く伺っています。

組織力を向上させ、部下育成を成功させるためには、
まずリーダーやマネジャーが自分の強みを最大限に活かし、自信を持ってリーダーシップを発揮することが重要です。
そこで、組織を率いるリーダ・マネジャー向けに、ストレングス・ファインダー®を活用したコーチングプログラムを提供することにしました。

つきましては、今後のプログラム開発の参考にさせていただきたく、ストレングスコーチングセッション(60分)の受講希望者をモニターとして先着5名(5社)募集します。

・過去にストレングス・ファインダー®診断を受けたが、結果の見方がよくわからない
・ストレングス・ファインダー®の診断結果をもっと活用したい
・自分の才能を理解したい
・自分やチームメンバーの才能を活かしたチーム作りがしたい

このような方はぜひお気軽にご応募ください

【応募条件】

・既にストレングス・ファインダー®の診断を受けており、34資質のフルレポートをお持ちの方(またはセッションまでに診断を受けることが可能な方)
・今後のプログラム開発の参考とさせていただくため、コーチングセッション後のアンケートにご協力いただける方(5分程度のアンケートです)
・5名以上の部下がいらっしゃる組織のリーダー、マネジャー層の方

【モニターセッション内容】

・レポート結果の分析、才能についての自己理解を深める60分のコーチングセッション
(01|ストレングス・ファインダー®の活用ステップの1.2までの内容になります。)

【セッション実施時期】

7月中

【セッション実施時間帯】

平日9:00-15:00の間にて日程調整となります

【費用】

モニターのため先着5名様まで無料
*通常プログラムは有料となります。

 

05|担当コーチ紹介

アイリーニ・マネジメント・スクールの事業統括も務める認定ストレングスコーチの植野が担当します。
これまで多くの企業での研修講師や、100名以上の個人コーチングセッションを担当し、多くの方々の強み開発・パフォーマンス向上を伴走してきました。
自身もアイリーニ・マネジメント・スクールの事業統括マネジャーとして、強みを活かした働き方を実現しています。

植野 紗紀

06|応募方法

ご興味がある方は、問い合わせフォームより以下の内容への回答を追記し、ご応募ください。
2営業日以内にご連絡いたします。

========

<ストレングスコーチングモニターセッション受講希望>
1.ストレングスコーチングセッションに期待することや応募理由を教えてください

2.過去にデザイン思考研究所/アイリーニ・マネジメント・スクールのプログラムを受講したことはありますか。
 ある場合には受講年とプログラム名を記載ください。ない場合には、本ページを見たきっかけなどを教えていただけますと幸いです。

3.応募条件を確認しましたか。以下のYes/Noに回答ください。
①34資質のフルレポートを持っている→【Yes/No】
②セッション後のアンケートに協力できる→【Yes/No】
③5名以上の部下がいる→【Yes/No】

======== 

お問い合わせ

ご質問などもお気軽にお寄せください。
皆様からのご応募お待ちしています!

関連記事

ブログTOP