ピックアップ

自動車メーカーの時価総額1位はトヨタからテスラへ:イノベーションの源泉となる企業文化
自動車メーカーの時価総額1位はトヨタからテスラへ:イノベーションの源泉となる企業文化
イノベーション
1. テスラが成長し、トヨタは伸び悩む? 2020年1月にフォルクス・ワーゲンを抜いて世界2位となっていたテスラが、7月1日にさらにトヨタを抜きました。1日時点での時価総額は約22兆2700億円、世界1位の自動車メーカーになります。(参考:テスラ、時価総額でト...
セグウェイ:売れなかった発明でもイノベーションと言えるのか?
セグウェイ:売れなかった発明でもイノベーションと言えるのか?
イノベーション
  6年ほど前にヤフージャパンで講演をした時に、売れない製品の代表としてセグウェイを取り上げたことがあります。 ▼ 参考動画:「どうすればデザイン思考で成果を出せるのか?」(28分48秒付近から) https://designthinking.eireneun...
日本の企業はなぜイノベーションが進まないのか | 戦略の創造学03
日本の企業はなぜイノベーションが進まないのか | 戦略の創造学03
デザイン思考
(第3回「イノベーションとマネジメント教育」山脇秀樹×藤田勝利×柏野尊徳) Photo by You X Ventures on Unsplash, via Unsplash アメリカやヨーロッパの企業に比べて、なぜ日本の企業はイノベーションで遅れを取っている...
日本のリーダーには何が必要か | 戦略の創造学04
日本のリーダーには何が必要か | 戦略の創造学04
デザイン思考
(第4回「イノベーションとマネジメント教育」山脇秀樹×藤田勝利×柏野尊徳) アメリカやヨーロッパの企業に比べて、なぜ日本の企業はイノベーションで遅れを取っているのか。イノベーションを起こすためには、どのようなマネジメント教育が必要なのか。2019年1月18日、...
欧米のリーダーを生むリベラル・アーツとは | 戦略の創造学02
欧米のリーダーを生むリベラル・アーツとは | 戦略の創造学02
デザイン思考
(第2回「イノベーションとマネジメント教育」山脇秀樹×藤田勝利×柏野尊徳) アメリカやヨーロッパの企業に比べて、なぜ日本の企業はイノベーションで遅れを取っているのか。イノベーションを起こすためには、どのようなマネジメント教育が必要なのか。2019年1月18日、...
ドラッカーの理念「人間中心マネジメント」が息づくドラッカースクールでは、何を教えているのか | 戦略の創造学01
ドラッカーの理念「人間中心マネジメント」が息づくドラッカースクールでは、何を教えているのか | 戦略の創造学01
デザイン思考
(第1回「イノベーションとマネジメント教育」山脇秀樹×藤田勝利×柏野尊徳) Image by Jeff McNeill [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons アメリカやヨーロッパの企業に比べて、なぜ日本の企業はイノベーショ...