2020/07/02

セグウェイ:売れなかった発明でもイノベーションと言えるのか?

 

6年ほど前にヤフージャパンで講演をした時に、売れない製品の代表としてセグウェイを取り上げたことがあります。

▼ 参考動画:「どうすればデザイン思考で成果を出せるのか?」(28分48秒付近から)
https://designthinking.eireneuniversity.org/video_yahoo

スティーブ・ジョブズも発売前から大絶賛していたセグウェイですが、先日正式に生産停止が発表されました。
参照:https://forbesjapan.com/articles/detail/35394

1つに気になったのは、セグウェイのプレジデントによる撤退声明。セグウェイは「21世紀初頭を代表するイノベーション」だったと発言。

立場上や文化上は仕方ないかもしれませんが、商業的に成功していない製品を「イノベーション」と表現している時点で、事業化へのコミットが最初から弱かったのではないかと感じました。

「発明(インベンション)としてはおもしろいものだったが、経済的に成り立つ新しい事業(イノベーション)にはならなかった」と表現する方がより適切ではないでしょうか。

イノベーションをどう定義するかにもよりますが、「世に広く普及して利益が出ること」はイノベーションかどうかを判断するうえで、必須の条件だと考えています。

みなさんはどう思いますか??

 


コロナ時代における、オンライン型・新規事業開発法
イノベーションを生み出すデザイン思考マスター・コース: オンライン募集中

︎ 【第2期】デザイン思考マスター・コース詳細はこちら


 

イノベーション 柏野尊徳

この記事の執筆者

Takanori Kashino

Takanori Kashino

一般社団法人Eirene University 創業者/代表理事。慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了、専攻はイノベーション・マネジメント。スタンフォード大d.schoolでデザイン思考を学ぶ。同大学講師との共同トレーニングコース提供や、新事業開発のコンサルティング、関連研修を実施。クライアント先はKDDI、Adobe、日本テレビ放送網、京都大学など。

Share この記事をシェアしよう!