ざわざわ感にもとづくインサイトで駆動する製品・サービス開発とは?

本講座では、デザイン思考においてもっとも重要な「ユーザーリサーチからどのようにインサイトを抽出するか」についてのコツを東工大EDPメソッドを通して学ぶことができます。
「ユーザーリサーチをしてもなぜ新たな視点が得られないことが多いのか」についてメタ認知ができるようになり、ざわざわ感をもとにしたインサイト抽出法(タテマエメソッド)活用の演習を通して直感から論理への落とし込みの感覚を学びます。


講師紹介
東京工業大学
環境・社会理工学院 融合理工学系エンジニアリングデザインコース
(技術経営専門職学位課程 兼任)
教授 齊藤 滋規

/ems.eireneuniversity.org:443/swfu/d/saito_profile.jpg

東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。
博士(工学)。
東京工業大学助手、助教授(准教授)を経て、2017年より教授(現職)。
現在、エンジニアリングデザインコース主任。
98-99年にスイス連邦工科大学、03-04年にマサチューセッツ工科大学にて研究員として研鑽を積む。
13-14年にはスタンフォード大学客員准教授(兼フルブライトプログラム研究員)としてd.schoolにて長期プロジェクトに参画。
15年より東京工業大学エンジニアリングデザインプロジェクトを運営。
16年より日経優秀製品・サービス賞内部審査員。
18年よりPanasonic Wonder賞審査員。
近著に「エンジニアのためのデザイン思考入門」(翔泳社)(平成30年度手島精一記念研究賞(著述賞)授賞)。
専門はエンジニアリングデザイン、マイクロロボティクス。


ワークショップの特徴とカリキュラム

ワークショップの特徴

デザイン思考のワークショップ経験者に改めて、デザイン思考を活用した製品・サービス開発のプロセスを概観し、ワークとフィードバックセッションを通して「ざわざわ感にもとづくインサイト」の取り方(タテマエメソッドの活用の仕方)とインサイトの活用の仕方を学びます。

カリキュラム

EDPツールキットの一部を使用して、ユーザージャーニーマップからニーズステートメント、POVからHMWQの導出まで行い、フィードバックセッションを行います。

座学(約1時間)

/ems.eireneuniversity.org:443/swfu/d/tokodai_zagaku.jpg

最初に座学で、本講座の特徴や目的について学びます。

ワークショップ(約2時間)

/ems.eireneuniversity.org:443/swfu/d/tokodai_ws.jpg

座学で学んだことを実践形式のワークショップで体験学習します。

フィードバックセクション(約1時間)

/ems.eireneuniversity.org:443/swfu/d/feedback_tokodai_img.jpg

最後に、フィードバックセクションで学んだことを振り返ります。


本講座と関連する齊藤 滋規教授の著書紹介

エンジニアのためのデザイン思考入門

/ems.eireneuniversity.org:443/swfu/d/book_tokodai_img.png

2000年代に入って急激に注目されたイノベーションの手法「デザイン思考」は、多様な視点から新しいユーザー体験のデザインを目指す考え方です。
デザイン思考は現存のマーケットに存在しない潜在的ニーズをとらえた、新たな価値を生み出すものづくりを行うための重要な手法です。

具体的には、ユーザーへの観察・調査を基に、多様性に富んだチームによってアイデアを出し合い、課題を徹底的に絞り込んで、プロトタイプとテストを繰り返すことで製品を作り上げていきます。

そんなデザイン思考を使ったものづくりを1年間にわたって行う、非常に実践的かつユニークな授業が、東京工業大学の「エンジニアリングデザインプロジェクト(EDP)」で実施されています。

本書は、ものづくりの主役であるエンジニアに向けて、3年以上にわたるEDPで得られた数多くの実践事例を交えながらデザイン思考の方法論を紹介します。

・課題の絞り込み方
・デザイナー(非エンジニア)とチームを組む重要性
・アイデアの出しあい方、まとめ方
・手を動かしてアイデアを形にするプロセス
といった、イノベーティブな製品開発に必要な「デザイン思考の基礎」を学ぶことができる一冊です。


ざわざわ感にもとづくインサイトで駆動する製品・サービス開発講座

開催詳細

開催日2019年8月8日(木)
時間13:30 〜 17:30
講義終了後、齊藤 滋規教授と参加者の皆様の交流会を予定しております。ぜひご参加ください。
開場13:00〜
講師東京工業大学
環境・社会理工学院 融合理工学系エンジニアリングデザインコース
(技術経営専門職学位課程 兼任)
教授 齊藤 滋規
言語日本語
会場[アイリーニ・マネジメント・スクール]
〒105-0013 東京都港区浜松町2-7-15日本工築2号館ビル8階
[アクセス]
■JR線浜松町駅徒歩 5分、都営浅草線 / 大江戸線大門駅 徒歩6分、都営三田線芝公園駅 徒歩6分
※地図:https://goo.gl/maps/NXsZPkRTimy
受講料35,000円(税別)
※領収書や請求書の発行をご希望の方は、申し込み後に発行先や請求先の情報と併せてその旨お知らせ下さい。
支払方法銀行振込

■お申込み方法
本講座ご参加ご希望の方は下記の「お申し込みはこちら」をクリックしてください。
お申し込みは、こちら

【 重要 】
お申込み前に、必ず下記の「事務局からのお知らせ」と「お申込み・お振込・キャンセルポリシーに関して」をご確認下さい。お申込み頂いた方は、こちらの内容に同意していただいたものとみなしますので、必ずご一読ください。

※当ワークショップの売上の一部は寄付金に当てさせていただきます。

事務局からのお知らせ

  • 同一組織からのご参加は、グループワーク実施の特性上から最大5名様までとさせて頂きます。また、当日のご連絡や名簿作成のため、お一人様のお名前で複数の席を確保することができません。ご参加される方それぞれが各自のお名前で個別にお申込み下さい。
  • 定員に達し次第、申込み受付を締め切らせていただきます。
  • 領収書もしくは請求書の発行をご希望の方は、お申込み時の「備考欄」に「1:宛名、2:ご担当者名」をご記入下さい。ともにpdfファイルで事前にメールでお送りさせていただきます。郵送をご希望の方のみ「3:郵送先」もあわせてご記入下さい。領収証につきましては、当方でお支払の確認ができてからの対応となります。
  • 最少開催人数に満たない場合は、事務局の判断で開催を中止することがありますので、予めご了承願います。その際は、開催3日前までにメールでご連絡し、お支払いいただいた参加料は返金いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。
  • 当日に中止が決まった場合は、開催日の変更もしくは参加料を返金いたします。また、現地までの交通費は参加者様のご負担となりますので予めご了承下さい。

お申込み・お振込・キャンセルポリシーに関して

  • お申込み前に必ずこちらをご確認下さい。
  • お申込み頂いた方は、上記の内容に同意いただいたものとみなしますので、必ずお申し込み前にご一読ください。